ペットロス。亡くなった子のことを忘れそうで辛い時は?スマホの待受画面をペット画像に!

ペットが亡くなって2カ月くらいもすると、ペットロスの心の傷も癒え、悲しい気持ちも収まってきます。
しかし、これは同時に大切な家族(ペット)のことを思い出すことが少なくなるということです。

これはとても辛いことで、あの子が生きていたことが夢か幻のように思えてきます。

あの子のことを忘れそうで辛い場合は、スマホの待ち受け画面を一番かわいかった画像にするのがおすすめです。

スマホ

こうすれば、毎日、亡くなった家族(ペット)のことを目にしない日はなくなります。
あの子のことを忘れそうで辛いという気持ちは、これで一発で解決できます。

私はスマホの待ち受けだけでなく、仕事用のパソコンの壁紙も、亡くなったうさぎのゆきが楽しそうに散歩している画像にしています。

うさぎ

うれしそうにしている姿を見ると、天国でも楽しくやってくれているのではないかと安心感を覚えます。
ペットが亡くなった直後は、ペットの画像や動画見ることには辛さがともないますが、二か月も経過すると、楽しかった思い出として見ることができるようになります。

亡くなった家族(ペット)のことを忘れそうで辛い場合は、ぜひスマホの待ち受け画面やパソコンの壁紙を、もっとも楽しかった、あるいはかわいかったあの子の画像にしてみてください。

スポンサーリンク