究極の妹
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部
「お兄ちゃん! 私、お兄ちゃんのために究極の妹になる!」
 まるで体当たりをしたかのような勢いで俺の部屋のドアをぶち開けた短パン少女は、開口一番こう言った。
 その少女、つまり俺の妹に関してはいつも馬鹿だ馬鹿だと思っていたのだが、どうやらとうとうヤツの脳みそは残念な事態に陥ってしまったらしい。
「そうか、頑張れよー。じゅうご、じゅうろく」
 仰々しい宣言を歯牙にもかけず、俺は腕立て伏せを再開。
「おお、お兄ちゃんは今日も精が出ますねー! あ、もうやだー。いま変なこと想像したでしょ。精が出ますねーっていうのは頑張ってますねーぐらいの意味なんだからね。他意はないよ!」
「そうかー。そりゃ精も出るわなー。にじゅ、にじゅいち」
 気のない返事に、伏せている俺の視界の上方に見える小さな素足がじれったそうにうごめいた。
「そうそう筋トレと言えば! 健全な魂は健全な肉体に宿るとかいう名言あるよね。でもあれね、実際は意味が違うんだって!」
「そりゃ、健全、じゃない、な! ふう」
「でしょ!? 健全じゃないよね! でね、ホントはねぇ……」
 ホントはなんなんだよ。休憩をとることにした俺は急にフリーズした妹に目を向ける。
 眼が合うと我が妹は照れくさそうに鼻を掻き、少し頬を染めて告白した。
「へへ、忘れちゃった」
 いつも通りの、馬鹿な妹だった。

 俺、崎野修一には残念な妹が1人いる。名は崎野むつき。短いポニーテールの似合う無駄に元気な中学1年生、いや2年生だったかな。とにかくそれぐらいの年で、俺の4歳年下。パッチリ開いたその眼は人一倍の輝きを放っていて、快活な笑顔は身内の俺からしても魅力的……なんでもない。とにかく友達も多いようだし、見かけは不味くはないのだろう。
 見かけは。
 そう、「残念な」と我が妹を形容をしたわけはヤツの中身にある。というのも、むつきは年がら年中わけのわからないことを機関銃のように喚き立てるのだ。
 いや、喚くだけならまだいい。
 実際にするんだ、我が妹君は。
 しかしここでその奇行の仔細を語るのは控えようと思う。身内の恥を晒し上げるのは血縁のある俺にもダメージがあるんだ。察してくれ。
 それで今回、むつきがご執心なのは――
「私ね、プラトンって人の本を読んだの! あ、べつに他意はないよ」
「イデア論、対話編で有名な哲学者だな。それで究極の妹か」
 これらしい。
 あと、最近むつきはこの「他意はない」という言葉をえらく気にいっているようで、事あるごとに「どうだ!」と言わんばかりの調子で発言する。新しく知ったことはすぐに言ったり試したりしたくなる質で、試される相手である俺にとって迷惑極まりないものである。
 とりあえずその誤用は指摘せず、俺は話を進めることにした。
「『国家』だかなんかだな」
「そうそう! さっすがお兄ちゃん!」
 ふむ、眼の輝きが平常時のおよそ3割増か。哲学とは意外だが、今回の熱の入れようはかなりの高水準だ。ここで避けたらのちのち面倒なことになるだろう。
 相手してやるか。
「でね、イデアって本物ってことでしょ? だから私、本物の妹になってお兄ちゃんを喜ばせてあげたいの! 私も本物の方が好きだし」
「なるほどなぁ、ありがたい話だ」
「へっへっへー」
 誇らしげな顔の後ろで、ポニテが嬉しそうにぴょこぴょこと揺れ動いていた。この箇所を見ればむつきの大体の機嫌は分かるとされている。犬みたいなヤツだな。
 ……ちょっと虐めたくなってきた。
 真向かいにあぐらをかいて座っているお転婆な妹に、俺は問いかける。
「ところで、究極の妹の髪型ってのはポニテなのか?」
「え!? 違うの!?」
 お前はポニテが究極だと思っていたのか。
「なんかな、究極のってのはどんな外見してんのかなって思ってさ」
 すると究極の髪形をもつ我が妹は含み笑いをして、高らかに宣言した。
「他意はないけどお兄ちゃんは甘い! 妹ってのは外見じゃなく中身で決まるんだよ!」
「中身かぁ」
「他意はないよ!」
 あまり期待できそうもないな。というかちょっとしつこいぞ。もう逆に他意を匂わせてるじゃねぇか。
 そろそろこの言葉は禁じるべきかもしれない。主に俺の精神衛生上のために。
「なるほどなぁ。で、究極の妹様の中身はどんな感じなんだ?」
「え」
 むつきはまるでこの質問が思慮の外であったかのような声を漏らした。ポニテもぴたりと動きを止める。
 おいおい。
「いや、妹って一言にいっても色んなタイプがあるだろ?」
「た、例えば?」
 たらっとひと筋の汗を流しながらむつきは俺に尋ねる。
 こいつ、勢いだけでろくに考えていなかったな。やれやれだ。
 しかしここは兄として妹を虐めるために……ではなく、妹の相手を務めるために! 俺はなけなしの知識を総動員して回答しようと思う。
「そうだなぁ。上品なお嬢様系、無邪気な子ども系、ちょっと男の子っぽい系、頑張り屋さん系、自分の気持ちを素直に出せない系……挙げればキリがないな。一説によると、妹は少なくとも12のタイプに分けられるそうだ」
「そ、そんなに!? そんなに……」
 しくった。むつきは勢いはあるが、それゆえに反動で大きなダメージを被ることが間々あることを忘れていた。 
 さっきまでの威勢の良さはどこへやら。短いポニテはもはや真っ白になったボクサー並みの哀愁をもって垂れさがっている。
 それを見た俺の心中でダイモーンが囁いた。
 妹を励ませ、と。
 しゃあねぇ。
「ま、まぁなんだ。俺のため、とか言ってくれたのは嬉しかったしさ。究極かどうかわからないけどむつきは良い妹だよ」
 がっくりと俯いていて表情は分らないが、ポニテがピクっと反応した。
「ほんと……?」
 よし。声のトーンも明るさを帯びている。
「当たり前だろ。そうやって色々と頑張ってるお前は、ほら、頑張り屋さん系! 頑張り屋さん系の最高峰だ! 頑張り屋さんのイデアだ!」
「……」
 よし、よし! ポニテがゆっくりと小刻みに、しかし確実に揺れ動いている。単純なヤツめ!
「それに元気があれば何でもできるって言うだろ? いっそむつきがさ、色んな妹のタイプを吸収すれば究極の――」
「妹になれる!?」
 突拍子もなく顔を上げたむつきの眼の輝きは平常時の四割増し、ポニテの振りは最高潮!
 しくった!
 こいつは打たれて伸びる子だった!
「そうか、そうだよね! 究極の妹っていうからには色んな妹の良さをもってないと駄目だもんね!」
「お、おお、けどパルメニデ――」
「とすると、さっきのお兄ちゃんの話では上品なお嬢様タイプが私には欠けてるかも! でも上品なお嬢様ってどんなだろう? どんなかな、お兄ちゃん!」
「え!? あー上品、上品だろ? なんというかお行儀が良くて、喧しく騒がないで、趣味が良くて――」
「なるほど! 日頃の行いから始めるべきなんだね。うん、実践的で私向きかも!」
「ああいや、でも俺の言ってることなんか適当もいいところ――」
「じゃあ調べてこよっと! ちょっと図書館に行って来る! ありがと修一お兄ちゃん!」
 言うや否や、妹は俺に体当たりのような勢いで抱きついてきた!
 そして俺が驚声を上げるよりも早く立ち上がり、開いたままのドアを抜けて駆け出していく。
「……」
 階段から響く小気味よい足音を背景に、嵐の後の中で俺は茫然としていた。
「しくった……」 
 諌めるどころか完全に勢いづかせてしまったこと、おそらく今日からむつきが究極の妹の実践を始めること、それが暴走しないように兄である俺が監督しなければならないこと。
 そういった事々への諸々の配慮が俺の頭を占めていた。
「はぁ」
 不意の溜息。天井を見上げ、俺は万感の思いとともに呟いた。
「胸……大きくなったなぁ……」




 
 それからおよそ1ヶ月後、海の日の正午ごろ。
 俺が自室で腹筋運動をしていると、まるで体当たりを受けたかのような勢いで俺の部屋のドアが全開した。
 驚いて振り向いた先には、ワンピースを着たツインテールの少女。
「兄さん! 語りえぬことについては沈黙しなきゃいけないのよ!」
 その少女、つまり俺の可愛い妹は、開口一番こう言った。
開蔵 

2010年10月03日(日)19時25分 公開
■この作品の著作権は開蔵さんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
はい、哲女企画二作目の投稿です!
元気な少女を前々から書きたかったのでさっそく挑戦。
今回は前作の反省も兼ねて、「妹」を基に書き始めてみました!

哲女企画、ガンガンいこうぜ!


この作品の感想をお寄せください。

2011年02月15日(火)17時30分 真柴竹門  +10点
はじめまして、真柴竹門です。十二月に本作を読了しましたが、失礼ながらも感想を投稿し忘れてたので今日になって投稿します。

元気っ娘、やっぱ可愛いなあ。でもこの娘、頭悪そうだなあ。けれど、笑顔が素敵そうだなあ。しかし、ポニテは特別好きって訳でもないんだよなあ。あ、このアップダウンに他意はないです。
12のタイプに分けられる、もしや「シスタープリンセス」のことですか? ってか何故この兄貴は知ってるのでしょう? 色々な意味で汗臭そうな兄貴です。
オチは「論考」なんですね。いや、むつきよ。お前は「&#%$#(&」でもいいから沈黙せずにしゃべって欲しいんですよ。分かってくれませんか?

点数ですが、十点です。それでは、どうもありがとうございました。

84

pass
2011年01月11日(火)01時00分 開蔵  作者レス
nさん感想ありがとうございます!
>犬種で言うと、チワワですね。私はそう思いました。
チワワ可愛い!でもあんなに小さいと叩くことを躊躇しちゃいますね。
むつきに対してはビシバシいきたいのですが、うーん、犬種をあまり知らないのでなんともw

>笑って読みました。キャラの表現も巧いです。「頑張り屋さんのイデア」良いですね〜!!
>エネルギッシュな作品に、こちらも引き込まれ、元気を頂きました。
いや〜だ〜w上手いこと言って〜、も〜ぅw(デレデレ ……アリガト♡

>開蔵さんは感想でも作品でも、人を元気づけますね。
ウゼぇと思われてるかもですがwしかし感想、感想はやっぱ悩みますよねー。
わたしは感想において、作品やそのなかでのキャラへの応答にほとんどの意識を向ける性質で、
作者さんへの配慮はどちらかと言えば蔑ろにしています。そういうヤツですよ。

ただ、私には今この眼の前にある誰かの作品と、そしてそこで息づくキャラとしか直接的な関係をもてないんです。
なんか作者さんを念頭に置くときって、作品が第三者になってる気がするんですよね。それがあまり好きじゃなくて。うーん。
こういう態度から生まれる感想が、結果として作者さんにどう受けとめられるかわかりませんけど、
少なくとも、下手に作品以外の事柄を的にして批評したり評価したりするよりはベターだろう、と。とりあえず今のところは。
ただただ作品に応答すること、それが結果としてその奥にいる作者さんへのメッセージになればなぁと、虫の良いことを思ってます。
で、作者レスではみなさんと思いっきり喋っちゃう。今回も気付けばなんという長文のレスwここらで切り上げますか。

感想、ありがとうございました!

pass
2011年01月06日(木)22時00分 n  +30点
犬種で言うと、チワワですね。私はそう思いました。
笑って読みました。キャラの表現も巧いです。

「頑張り屋さんのイデア」良いですね〜!!
エネルギッシュな作品に、こちらも引き込まれ、元気を頂きました。

開蔵さんは感想でも作品でも、人を元気づけますね。
素晴らしいことだと思います。尊敬します。
93

pass
2010年11月06日(土)15時05分 開蔵  作者レス
svaahaaさんこんにちは!返答したつもりが出来てなかったので実質二度目の返答!んもう!開蔵のお馬鹿さん☆

>バカな妹ですねー(笑)。いや、ほめてるんですよ。かわいいから。読んでて元気が出ますね、
嬉しさのあまり、馬鹿な妹も頬を膨らませて腕を組みながら「むー!」と喜びを露わにしています!ありがす!

>よく知らないんですが、兄の発言はプラトンに対するアリステレスの批判になってるんですかね?
感想欄の返答ではまさにそれを意図していましたが、兄の発言はプラトンの対話編『パルメニデス』を参考にしています。
究極の妹を一なる者、つまりプロティノスの一者に絡めるのは気が向かなかったので、妹には突っ走ってもらいましたw

>どうでもいいかもしれませんが、部屋で黙々と筋トレしてる兄の方も結構キャラ濃いですよね(笑)。
そうなんですよw「なんでゲームとかじゃなくて筋トレなんだよw」と自分で突込みを入れてますw

>個人的には「語りえないものについては沈黙」しないで、続きを書いてほしいです。
>あの妹が論理学の記号だらけの『論考』を読破したなんて、正直信じられませんけど。
いやぁ読破はしてないでしょうねぇ。雰囲気をかじっただけですよきっと。
だから、『論考』の独我論的傾向(これはまた検討の余地がありますが)や
「梯子外す」のあたり、さらに論理的言語観に基づいて失敗した
翻訳機械の作成などを指摘してやれば、今作と似た流れは作れると思います。
↑をご覧の通り、期待してもらってテンション上がってるので少し考えてみようかなぁと!ありがとうございました!

pass
2010年11月06日(土)12時12分 svaahaa I0z7AdLSAc +20点
バカな妹ですねー(笑)。いや、ほめてるんですよ。かわいいから。読んでて元気が出ますね、ここまでの傑物だと。

よく知らないんですが、兄の発言はプラトンに対するアリステレスの批判になってるんですかね? 「究極の妹はすべての妹の属性を持っていなければならないだろうが、そうすれば究極の妹にはそれを特徴付ける実質的な内容はなくなってしまう」みたいな。あ、作者さんの解説レスにありましたね。すいません、他意はないです(使い方違うか)。こうやってさりげなく哲学的に読ませるのも技量なんでしょうね。うらやましいです。

どうでもいいかもしれませんが、部屋で黙々と筋トレしてる兄の方も結構キャラ濃いですよね(笑)。第三者がいれば兄もボケ役に回りそうだと感じました。

個人的には「語りえないものについては沈黙」しないで、続きを書いてほしいです。あの妹が論理学の記号だらけの『論考』を読破したなんて、正直信じられませんけど。だからこそさらにカオスな話が期待できそうです。機会があれば、是非お願いします。
88

pass
2010年11月05日(金)20時07分 開蔵  -10点
作者レスのミス。そして投稿時にアドレス入力のミスがあった模様。それゆえにレスの編集を諦め、点数調整。ご迷惑おかけしました。
96

pass
2010年11月05日(金)20時01分 開蔵  +10点
サムさんこんにちは!またまた見覚えのある名の人が。哲学的な何かを感じるッ!
>元気な哲学少女をとても魅力的に書かれていると思います。企画のなかで元気な少女は珍しいし、単純に好きなのです
ありがとうございます!この一言に尽きる。
90

pass
2010年11月04日(木)19時52分 サム  +40点
元気な哲学少女をとても魅力的に書かれていると思います。企画のなかで元気な少女は珍しいし、単純に好きなのです。
95

pass
2010年11月03日(水)07時25分 開蔵  作者レス
>こんにちわ。呟き尾形と申します。究極の妹 、楽しく読ませていただきました。
こんにちは!おそまつさまでした!

>妹のキャラクターがしっかりしていたせいか、最初のセリフのインパクトと>最後のセリフのインパクトがあり、いろいろたのしめました。


>妹の行動がもっと極端になれば、もっと面白くなると思います。
階段を使わず二階の窓から飛び降りる、とか完全にラノベに走ってもよかったですね。

感想ありがとうございます!寝起き上々です!

pass
2010年11月03日(水)00時34分 呟き尾形  +10点
こんにちわ。呟き尾形と申します。

 究極の妹 、楽しく読ませていただきました。

 妹のキャラクターがしっかりしていたせいか、最初のセリフのインパクトと最後のセリフのインパクトがあり、いろいろたのしめました。

 妹の行動がもっと極端になれば、もっと面白くなると思います。
 


91

pass
2010年11月02日(火)09時50分 開蔵  作者レス
俺の○ ○ が…さん感想ありがとう存じます!○ ○ とされるといかがわしい文字で埋めたくなる開蔵です!よろしくぅ!

>最後の落ちで不覚にも笑ってしまいました。まいりました。
どうだーまいったかー!と妹が電気アンマをしかけたがっています!電気アンマだなんてまた私は……!

>かつてのボキャブラだと「バカ・知」ジャンル?
このジャンルが一番面白かったです。あとくっだらねぇ替え歌w次回は花マルいただけるよう頑張ります!

ふぅ、ちょっと休憩。めまいがひでぇ。

pass
2010年11月02日(火)09時43分 開蔵  作者レス
>すでに高い評価にある作品は批判以外はできるだけ避けてたけど、まぁいいだろう。
いいでしょういいでしょう!アイジャスト感想トゥセイアイラービュー!楽しみましょう!
>すでに言われている通りキャラが立ってる。妹の奇行とやらをちゃんと書けばもっと豊かな起承転結にできるんじゃない。
ありがとキャンさん!と言って抱きつけないのが口惜しい。
奇行はですねぇ、書こうと思ったんですが気が逸れちゃったんですw察しててやってください。

>「パルメニデス」ググッたら、そういう対話編があるんだね。
あるんです。言及してもらってうれしい!パルメニデスがいやらしいですよー。是非ご一読を!

>妹可愛い。
シンプル…!ありがとうございます!

pass
2010年11月01日(月)23時51分 俺の○○が… sa5pVA/EH6 +20点
最後の落ちで不覚にも笑ってしまいました。まいりました。

かつてのボキャブラだと「バカ・知」ジャンル?
84

pass
2010年11月01日(月)01時38分 キャン  +20点
すでに高い評価にある作品は批判以外はできるだけ避けてたけど、まぁいいだろう。企画主の考えを見るにあまのじゃくになってもしかたない。期待してる。感想だが、すでに言われている通りキャラが立ってる。妹の奇行とやらをちゃんと書けばもっと豊かな起承転結にできるんじゃない。そんでせりふに引っかかって「パルメニデス」ググッたら、そういう対話編があるんだね。しらなんだ。まぁこれはいい。ちゃんと読んだという挨拶みたいなもんだ。妹可愛い。
88

pass
2010年10月29日(金)22時24分 開蔵  作者レス
哲学的直感、ゼアイズとエスギープトより。メモランダム。
さーせん、ただの酔言酔語です。それでは!作者レスの、はじまりだー!

>究極の妹。ちょー可愛い。
いえーい!

どうもどうも!励みになる感想をいただいちゃって尿意が治まりません!
自作を書く元気をもらいました。

>以上の理由でこの点数です。だいぶ後ろに来ているので気付くかは分かりませんが、面白かったですよー。
感想や作品は新着をガッツリ確認してるので逃がしやぁしません!
あっりがとうございましたー!

pass
2010年10月29日(金)17時09分 かまたかま K83xKd4J1k +30点
どうも、かまたかまです。

究極の妹。ちょー可愛い。私はロリコンでは無いです。

短くて分かりやすく、それでいてしっかり妹の性格を書き出せているのは凄いなぁ、と思いました。私はどうしても文が長くなってしまうので。

哲学? そんなものは可愛い妹の前には何の意味もないぜ!

以上の理由でこの点数です。だいぶ後ろに来ているので気付くかは分かりませんが、面白かったですよー。

ではでは。

92

pass
2010年10月24日(日)14時31分 開蔵  作者レス
>こんにちは!短パン少女すきです!
こんにちは!私も好きです!アンド感想ありがとうございます!

>なんか、あれですね。どんな状況であれ「他意はない」と言った時点で、他意はあるような気がします。
ですねw「ゴリラについて考えるな」って禁止の命令をされても「ゴリラ」という単語を聞いた時点で
ゴリラに対する何らかの観念が私に生じてしまいますよね。
「他意はないよ」も同じことだと思います。私は思おうとしてないのに、私の意志に関わらず観念が浮いてくる不思議!

>最初から最後まで一秒たりとも変わらず、むつきちゃんは究極の妹だったと思います。
>そして、たぶんこれからも。お兄ちゃんにとっては。
ええ、お兄ちゃんは妹がいてこそですからね。

>私は現実世界で妹がいません。なので、妄想の中で誰を妹にしたがっても、
>残念ながらその本物ではない妹は究極にはなれないのではないかと思います。
難しいですね。うーん。究極でない自分の妄想から出た妹は究極足りえないみたいな感じでしょうかね。
それは他者としての妹ではない、つまり妹ですらない、だから究極の妹は当然あり得ないっていう。
私は、妙に思われるかもしれませんが、自分の作品を読み直すとそのキャラを新しく解釈できることがあります。
こういう見方もできるな、この娘はむしろこういうことをするんじゃね、とか。
そういう意味では妄想も他者かなと思ったり。私は私のなかに他者がいるような感じがするのです。なんつってw

>あとポニテもツインテールもすきです。……あっ、べつに他意はないです。
これは……トリプルテールの予感!?

pass
2010年10月24日(日)14時15分 クロードニュウスキー  +20点
こんにちは! 短パン少女すきです!

究極の妹……。
なんて哲学的な響き……。
というわけで、読ませていただきました。

なんか、あれですね。どんな状況であれ「他意はない」と言った時点で、他意はあるような気がします。

最初から最後まで一秒たりとも変わらず、むつきちゃんは究極の妹だったと思います。そして、たぶんこれからも。お兄ちゃんにとっては。

私は現実世界で妹がいません。
なので、妄想の中で誰を妹にしたがっても、残念ながらその本物ではない妹は究極にはなれないのではないかと思います。どんなに可愛くても。
なので、お兄ちゃんがうらやましいです。

あとポニテもツインテールもすきです。

……あっ、べつに他意はないです。
91

pass
2010年10月21日(木)23時20分 開蔵  作者レス
酉野目さん、本当にありがとうございます。嬉しいです。……さて、いつもの開蔵にもどるか!

>あれ?哲学的な要素でてきたっけ?私には妹しか見え(ry
なにをおっしゃるうさぎさんwお兄ちゃんもいますよ!(エ

>究極の妹・・・。全ての妹という妹のかわいさの集合体!
>脳内で想像してみた。そして生まれたのは平均的な妹だった。
>つまり平均的な普通の妹が最高という事ですね。わかります。
ええ!まさにそこなんですよね!可愛いとかっこいいは両立するか?みたいな話なんですけど、
集合体が究極だとすると対立する要素が出てきちゃうんですよね。
ある時は可愛く、ある時はかっこよく、という風になら成り立つと思うんですけど、
それはイデアという実体に反するあり方ではないか?なんて思ったりします。
そもそもプラトンのイデア論は時期によって大分トリニータ!なんか語ってやがるし!恥ずかしいし!

>私にも現実の妹がいるのですが、かわいさの要素が見つかりません。
>なぜ彼女に友達がいるのか、わからないぐらいに性格が最悪ですし・・・。
>きっと全国のリアル妹はかわいくないのが大半なんだと思います。
特に思春期はもう…もう…。そのドロドロを受けとめてやるのが兄の辛いところですね。
昔はお嫁さんになるとか言ってくれてたのに……

>一度全ての妹を融合させた後、皆に再分配すれば日本に幸せが訪れるでしょう!これを「妹補完計画」と名付けましょう。
それはとてもとても幸せなことなのよってことですね、アイキャンアンダスタン!

>・・・なんで私は変態危険思想をまき散らしているのでしょうか?
>それはきっとこの小説に影響されすぎたせいですね(褒め言葉)
お。嬉しい他意が含まれているwめで他意!

>次書く時は頭冷やしてからにします。
どうせ冷やすならビール冷やしましょうビール!秋の月見酒は酔い善いですぜ!?

pass
2010年10月21日(木)16時41分 酉野目  +10点
 あれ?哲学的な要素でてきたっけ?私には妹しか見え(ry

またも楽しく読ませていただきました。なんかもう自分の中では開蔵さんはいろんな意味で熟練者です。他意はないです。
 究極の妹・・・。全ての妹という妹のかわいさの集合体!

 脳内で想像してみた。
 そして生まれたのは平均的な妹だった。
 
 つまり平均的な普通の妹が最高という事ですね。わかります。
 私にも現実の妹がいるのですが、かわいさの要素が見つかりません。なぜ彼女に友達がいるのか、わからないぐらいに性格が最悪ですし・・・。
 きっと全国のリアル妹はかわいくないのが大半なんだと思います。だから一度全ての妹を融合させた後、皆に再分配すれば日本に幸せが訪れるでしょう!これを「妹補完計画」と名付けましょう。

 
 ・・・なんで私は変態危険思想をまき散らしているのでしょうか?
それはきっとこの小説に影響されすぎたせいですね(褒め言葉)

 たびたび、いや毎回奇妙な感想すみません。
次書く時は頭冷やしてからにします。
83

pass
2010年10月17日(日)14時57分 開蔵  作者レス
ひぃひぃ、お昼だとまだまだ暑いですねぇ。ふぅ。
ちょっと妹と哲学者の石を探しに象牙の塔へ突入してきまハイ妄想終了ー!
ここで会ったが二日目、R.マリモフさん。感想ありがとうございます!

>他の方も言っていますが妹がすごく可愛いです!こういう妹が世の中の兄さんたちの理想ですかね?
あじゃじゃす!可愛い妹を書く私は、可愛くない姉妹という存在を誰よりも知る者なのかもしれません……冗談はおいといてー。
理想の一つ、あるいは理念の一つとは言えるかもですね。長所が欠点で短所が美点的な?みたいな?

>ポニーテールや目の輝きなどのチャームポイントの動きが、妹の心境を表現しているのはよかったです。
ラノベの味を上手く出したいなぁと狙ったところなので、計画通り……!です!嬉しい!
眼の輝きでお兄ちゃんの眼が潰れるなんてのもやってよかったかなと思います。
妹というイデアの光輝に兄という囚人が眼を焼かれてしまったー!とか。
いやぁ〜。感想もらってうれし、ん?
>↑
>「他意はないよ!」
もう他意を匂わせてるじゃねぇか!なんか素直に喜べないーw
ちゃんちゃん♪

pass
2010年10月17日(日)01時31分 R.マリモフ  +20点
こちらでは始めまして。R.マリモフです。
小説、パソコン共にペーペーの自分ですが感想を。

他の方も言っていますが妹がすごく可愛いです!
こういう妹が世の中の兄さんたちの理想ですかね?

ポニーテールや目の輝きなどのチャームポイントの動きが、妹の心境を表現しているのはよかったです。
想像するだけで可愛らしいです。

「他意はないよ!」
85

pass
2010年10月10日(日)15時36分 開蔵  作者レス
フクミハルカさんこんにちはじめまして!感想ありがとう存じます!

>可愛い妹さんですね。たいへん楽しく読ませてもらいました。
照れるぜ!ありがとうございます!

>決めゼリフが妹のキャラをハッキリさせていると思います。パクりたいぐらいにいいセリフです(笑)
なんだかみなさんからご好評をいただけて嬉しいなぁ!
え、パクるだなんてそんな、私逮捕されちゃうんですか!?(チガ
ふつつか者ですがry

うおおおエネルギーたまってきたぁ!くくく、第二の妹が目覚める日も近い……。

pass
2010年10月10日(日)15時15分 フクミハルカ mK97QW1o6Y +10点
初めましてこんにちわ。フクミハルカと申します。
可愛い妹さんですね。たいへん楽しく読ませてもらいました。
「他意はないよ!」の決めゼリフが妹のキャラをハッキリさせていると思います。
パクりたいぐらいにいいセリフです(笑)

「他意はないよ!」

84

pass
2010年10月10日(日)06時42分 開蔵  作者レス
神崎ミキさんこんにちは!楽しんでいただけたなんて、恐悦至極!
本当の意味?それは……自分の人生の中で見つけるしかない……ッ。

神崎さんのレスで気付きましたけど、妹って未と女とで書くんですね。
青い果実はやはり独特の酸っぱさがあるってことかな。ヒソカの気持ちも分かるわー!

>ナンバーワンよりオンリーワンって感じで。
本人は一番を目指してることでしょうwオンリー、「唯一の」妹。これは究極とも言えますね。
あと、俗によく言われるオンリーワンって意味合いが「只の一」ですから
むつきにいわせりゃ「ただの妹に興味ありません!」てところでしょうw

感想ありがとうございました!よっしゃー!今日も元気だ飯がうまい!

pass
2010年10月09日(土)23時15分 神崎ミキ  +20点
くっ……、健全な魂は健全な肉体に宿るの本当の意味は何なんだ?!
……他意はないです(あれ?これってどういう意味だっけ?)

初めまして、間蔵さん。
『究極の妹』楽しませて貰いました。
テンポが良いですよね。
しかしこの妹、味があるな。
ナンバーワンよりオンリーワンって感じで。
ある意味、究極なのだろうか。
97

pass
2010年10月04日(月)05時13分 開蔵  作者レス
千四号さんこんにーちは!読んでいただきありがとうございます!

>元気でバカな妹は、ある意味一種の『究極の妹』ですね。(笑
ええ。ヤツらは元気を最大限に発揮しますからね。そこで失敗するのも妹の十八番です!
妹を受けとめるために兄は日々鍛錬を惜しまない。そう!「お兄ちゃん」であるために!

>ということで、むつきちゃんをください。……他意はないです。
今なら筋トレ大好きのお兄さんもセットでお得ですよー。お値段ポッキリ!下手すると骨もポッキリやられます!

>最後の修一くんの、万感の思いの呟き。
小さな頃から一つ屋根に暮らしてきた妹の成長は、感慨とともに一抹の寂しさを
兄の心のもとに去来させたのでしょうね……なんてな!BGMは井上陽水の「いつのまにか少女は」で!

また楽しんでいただけるような哲女を書くためのエネルギーをもらいました。
ありがとうございます!

pass
2010年10月03日(日)23時16分 維川千四号 hEuaFaM4H2 +30点
 はじめまして、千四号と申します。
 大変楽しく拝読させて頂きました。

 元気でバカな妹は、ある意味一種の『究極の妹』ですね。(笑
 是非とも我が家にも一人居て欲しいものです。
 ということで、むつきちゃんをください。……他意はないです。

 最後の修一くんの、万感の思いの呟き。
 兄の台詞として、抜群でした。
94

pass
合計 14人 290点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD