おやつは300円以内、バナナは入るか、からの論
<<一覧に戻る | 作者コメント | 感想・批評 | ページ最下部

「私、昔一度だけお弁当の中にバナナが入っていたの」

付き合い始めて三ヶ月になる俺の彼女ことコトミは言った

「それはキツイな、弁当箱の中だろ?匂いが大変なことになるぞ」

俺は答えた

「問題はそこじゃないの・・・確かにバナナの横に置いてあったタコさん
ウインナーを食べたとき大変な味がしたけど、問題はそこじゃないの」

「もっと大変な味のものがあったのか?」

「そのお弁当を持っていった日が遠足だったの!!!」

「・・・なんだ、お前そんなにバナナ嫌いだったっけ?」

「まぁ聞きなさい、話は私がそのお弁当箱を開けた時に遡るんだけど」

「ほとんどさかのぼってないぞ」

「だから聞きなさい!そのふたを開けた時にね、となりに山田っていう
いっつも鼻たれてる男子がいたの!そ・い・つ・が!!」

「おい口が悪いぞ」

「「あぁぁぁ!コトミちゃんのお弁当にバナナはいってる〜〜」って!
ぬかしやがって!!」

「おいますます悪いぞ」

「そしたら周りの男子が「ほんと〜だ〜おいコトミ〜バナナは
おやつにはいるんだぞ〜」とかいうのよ!」

「え?はいるの?」

「知らないわよ!もうそこからが地獄よ一人の男子があたしのリュックサックをいきなりあさりはじめて! 中のおやつ全部外にぶちまけたの!!」

「あーそういうのはイカンな」

「そしたらよ!?男子どもが「このチョコ100円〜これ30円〜」とかね!?
あたしのっ!おやつのっ!値段をっ!!かぞえはじめやがったのよ!!」

「怒ってるなーコトミ、オレに八つ当たりはするなよ?」

「でね?・・・でね?そのおやつがちょーーーーど300円だったわけ?
ね?だってそうでしょ?
おやつは300円以内っていわれたら300円丁度で買うのが
礼儀ってもんしょ?」

「あーうまい棒とかで値段調整とかしたなぁ」

「そしたらよー男子どもが「コトミーこれにバナナいれたら300円
こえるぞーいけないんだー!!」って!あんのガキども!!」

「うん、だから口がね?」

「しまいにゃ「せんせー!コトミちゃんがおやつ300円より多く
もってきてまーす」だって!どう思う!?」

「その子はお前のことが好きだったかもしれんな」

「そしたら先生はね?「あらあらコトミちゃんは欲張りねー」って・・・
冤罪なんですけど!?」

「ちょっとまってエンザイって何だっけ」

「だってそうでしょ!?わたしのおやつの内訳を調べもせずに、
私が300円を超えるおやつを買った子だって決め付けてるのよ!」

「まーそこで調べる先生もどうかと思うぞ?」

「私は300円以内でおやつを済ませたの!ね!?ただ!
ただお弁当箱にバナナが入ってただけなの!ね!?」

「悲劇デスネー」

「ねえ、私に罪はあると思う?」

「ないだろ、そんな刑法は存在しない」

「日本の法規定の問題じゃないわ!
むしろ罪があるのはクラスの男子どもでしょ!?」

「そーだなーやりすぎだなー」

「ねえ、二度とこんな過ちがおこらないように
ここではっきりさせておかない?」

「何を?」

「あなたは何を聞いてたのよ!?バナナがおやつに入るか入らないかをよ!!」

「それは俺らが勝手に決めていいのか?」

「私にはその権利があるわ、このバナナがおやつに入るか入らないかの
基準が曖昧なせいで、これほど被害をこうむった者は、おそらく世界中
どこを探しても私以外いないでしょうからね」

「被害者だから権利を主張できるってのは少しきな臭いぞ」

「まずバナナはいかなるものかから考えましょう」

「そこから!?」

「そりゃそうよ!この定義がはっきりしない限りバナナは語れないわ!」

「・・・納得はできないが・・・じゃあ、スーパーで売ってるバナナは
バナナでいいよな?」

「そうね、特に異論は・・・待って・・・
それだと「バナナチップス」はどうなるの?」

「バナナチップスはバナナだろ、見てわかるだろ」

「そーゆーことじゃないわよ!いい!?バナナチップスはバナナであるとすると仮定するとね!?」

「だからありゃバナナだって、だって「バナナ」チップスだぜ?」

「いいから!そう仮定した上でバナナがおやつではない!
とすると!遠足の時にバナナチップスはもっていき放題になるわ!」

「そんなことするやつはいない」

「仮定の話よ!」

「どんな仮定だよ・・・でもバナナチップスはおやつだぞ?
お前「せんせーコトミちゃんがバナナチップス山程持ってきてまーす」
っていわれたらどういい逃れるんだよ、
先生も「コトミちゃんは欲張りねー」ですましてくれんぞ」

「そーゆー話そしてるんじゃないの!
バナナチップスがバナナであるとしてしまった上で、
バナナはおやつではないとしたら、
バナナであるバナナチップスもその中に入るわけで、
すなわちバナナチップスもおやつではないとなるわけだから・・・」

「すまん、さっぱりわからん、バナナ言いすぎだぞお前、少し怖いぞ」

「えぇ、そうね、自分でもわけわかんなくなったわ、
どうしよう・・・ねぇバナナチップスはおやつ?」

「お前が埒明かないのはわかった。よし、
ここはひとつオレがバナナとはどんなものであるか決めてしまおう」

「助かるわ・・・多分それが手っ取り早いわね」

「えーと・・・黄色くて・・・皮が剥けて、中から白い棒状のものが
でてきて、口に含むとバナナの味がするものがバナナだ」

「皮が剥ける、棒状、口に含むにそこはかとないエロスを感じるけど
良しとしましょう」

「お前大丈夫か?まじで」

「さて本題ね」

「え!?やっと本題!?」

「そうよ、さぁこの「バナナ」はおやつに入るか、入らないか・・・
どっち!?」

「入らないでいいんじゃない?」

「根拠は!?」

「えーだっておやつのための300円でバナナ買うやつなんていねーだろ。
あれ一房8本で200円とかだぞ、お前そんなのをおやつだと持ってきてるやつ
を想像してみろ、間違いなくそいつはその日に友達なくすぞ」

「なるほど・・・バナナがおやつであるとするとさらなる悲劇が生まれる
可能性があるのね・・・」

「一々おおげさだぞ・・・それに、バナナがおやつでないってなると、
お前が最初に言った「お弁当箱にバナナ事件」もお前の無罪が証明されるぞ」

「なんですって!?」

「B級ドラマの女の主人公みたいな驚き方をするな。だってバナナは
おやつじゃないんだから・・・」

「はっ!そうか・・・つまり私はあの時300円以上のおやつは持って
いなかったことになる・・・確かにこれで私の無罪は証明されるわ!!」

「お前ぜってードラマ見すぎだよ・・・再放送の推理ドラマ」

「ありがとう、おかげで私の鬱屈した過去の陰影は
今霧の如く晴れていっているわ」

「それはなんのドラマの台詞だよ・・・」

「まって!・・・いけない・・・私大変な事に気づいちゃった・・・」

「今のオレも結構大変だぞ」

「割引で売っていたら・・・ねぇ!!
割引で売っていたらどうなるのよ!!!」

「ラッキーだろ割引はうれしい、半額シールは見ているだけで幸せになれる」

「例えば100円のものが50円になって売られているお店があるとしたら!
その50円を6つかったら300円になるの!?それとも600円になるの!?」

「おい算数もできなくなったか」

「なんてこと・・・300円という価値は不変であるとして、
それに対する疑問を抱くことはなかったのに・・・」

「もういいだろ、300円は300円だ」

「それが例え300円で買ったものだとしても、
遠足におやつとして持っていき、
それを600円で買ったものとみなされてしまったら・・・
罪はどこにあるの!?」

「今日は早く寝たほうがいいぞ」

「例え私がそれを300円で買ったと主張したとしても、
その証拠がなかったら!それを買った時に「あ、レシートいりません」
と言ってしまっていたら!?
私はその300円という真実をどうして周りに訴えられるの!?」

「寝る前にお薬を飲んだほうがいいかもしれないね」

「この300という数の中にまさかここまでの不合理、
不明瞭さが潜んでいるなんて・・・」

「よし、もっと楽しい話をしよう」

「300円は無限の可能性を秘めているわ・・・」

「300円は有限だよ!?コトミーー!コトミさーーーん!?」

「今日はこれまでにしましょう・・・続きはまた明日お願いするわ」

「続かねーよ・・・まぁ明日になりゃどーでもよくなってるって」

「・・・・・そうかしら?」

「そうだよ、そんなもんだよ、
だってさっきまで考えもしなかった事なんだから」
おっぱいはAカップ 

2010年12月24日(金)09時25分 公開
■この作品の著作権はおっぱいはAカップさんにあります。無断転載は禁止です。

■作者からのメッセージ
以前の二作に感想して下さった方。誠にありがとうございました。自分の文に感想を頂くという事は初めてだったのですが、とてもよい事だと感じたので、また投稿させて頂きました。御一読して頂ければ幸いです。


この作品の感想をお寄せください。

2010年12月31日(金)19時22分 感想人X  +10点
おっぱいはAカップさん、こんにちは。感想人Xです。
遠足におけるおやつの条件を抽出すると、こんなものと思います。

1.スーパーマーケットやコンビニのお菓子売り場で購入できる。
2.一食分が標準価格で100円未満程度である。

バナナではなく、おやつの定義づけを先に行うわけです。
上の定義に従うと、バナナやバナナチップスは生鮮食品売り場にあるのでおやつではありません。じゃがりこはお菓子売り場にあるのでおやつですが、お湯で戻してポテトサラダにするとお惣菜売り場行きとなり、おやつではありません。お菓子のじゃがりこは通常1つ148円で、上限の50%近くなるので、100円ショップで内容量の少ない製品を購入するのが適当です。缶詰のみつ豆はおやつではありません。

要約しますと、今回も楽しく読ませていただきました。
83

pass
2010年12月24日(金)16時30分 酉野目  0点
 バナナは「ご飯」でも、「おやつ」でもなく
「バナナ」だと個人的に思う。
 
 戯言ですけどね(キリリッ

 
71

pass
合計 2人 10点


お名前
E-Mail  公開しない公開する
↑作者レスをする場合は、作品投稿時のメールアドレスを入力して下さい。
−− メッセージ −−
作者レス
評価する
 PASSWORD(必須)  トリップ 

<<一覧に戻る || ページ最上部へ
作品の編集・削除
PASSWORD