うさぎへの150文字の感謝状/かわいいあの子に感謝を贈ろう!

うさぎ

うさぎの感謝状一覧(ランダム表示)

感謝状 ゆきちゃん殿

餌の時間になると、ケージから飛び出して大はしゃぎしていたウサギのゆきさんへ。

いつもあなたに牧草をあげるのが楽しみでした。
たまにゲームに夢中になって牧草をあげるのが遅くなってごめんなさい。

天国でもどうか幸せに暮らしてください。今でもお仏壇にあなたの好きな牧草をお供えしています。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 13

感謝状 ゆきちゃん殿

真っ白い身体をしたヒマラヤンのゆき殿。
あなたはいつも真っ白いおまんじゅうのように丸まって眠っていました。

その寝顔を見て、「ゆきはいつもマイペースに眠っているな」と癒やされていました。
天国に行っても、そのネムネムの大切さを忘れずにがんばってください。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 17

感謝状 ゆきちゃん殿

あなたは後ろ足がヘルニアで動かなくなっても、毎日、楽しそうに暮らしていました。

特に、動く前足だけで台所を探検したいと動き回っていたのには、驚きました。
うさぎ探検隊として、最後まで活躍された功績を讃えます。
天国に行っても、その好奇心を忘れずにがんばってください。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 18

感謝状 ゆきちゃん殿

真っ白い身体のうさぎのゆきさんへ。
白髪毛が出てくると、ゆきの恩返しと呼んでいます。
「人間は毛が黒くてかわいそうだから、白くしてあげます」
と、ゆきさんが言っている思えます。

そんなことしなくても、もうたくさん恩を返してもらっているよ。
天国でも幸せに暮らしてください。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 17

感謝状 ゆきちゃん殿

あなたは私か、かずはむさん(妻)が近づくと、頭を撫でて欲しくて、あるいは餌が欲しくて、ケージ中を転げまわるように喜びを大爆発させていました。
最後の晩もなでて欲しいとよってきてくれて、私たちはとても癒やされました。
あなたとの絆は私たちの宝物です。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 11

感謝状 ゆきちゃん殿

ケージから飛び出して、いつも楽しそうに部屋を散歩していたウサギのゆきさんへ。
散歩中は、私たちのことなど気にせず、マイペースに楽しんでいましたね。
少しは私たちとも遊んでほしかったけれど、そんな自由気ままな姿に、ほっこりさせてもらいました。

天国でも幸せに暮らしてください。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 13

感謝状 ゆきちゃん殿

臆病すぎて、私以外の人に会ったらブルブルふるえていたうさぎのゆきさん。
かずはむさん(妻)が家にやってきた当初は、ケージを上から覗かれただけで、怯えてハウスに隠れていましたが、最後は、かずはむさんと一緒の布団で眠れるくらい仲良しになれました。

あなたとの絆は私たちの宝物です。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 14

感謝状 ゆきちゃん殿

横浜に引っ越してきたら、偶然、歩いていける距離にうさぎ専門店があり、そこで、妹と同じケージに入っているゆきさんに出会いました。
飼うことに決めた理由は、お店で二番目に安かったからでした。

それから10年以上、一緒に暮らし、なくてはならない家族になりました。
結婚指輪はうさぎのデザインです。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 13

感謝状 ゆきちゃん殿

キャベツ大好きうさぎのゆきさんへ。
あなたはスーパーで捨てられていたキャベツの葉っぱを持ち帰ると、ひっくり返って大喜びし、むしゃむしゃあっという間に食べていました。
30分もすると、2枚の大きな葉っぱが消えていたので、よっぽど好きだったのだと思います。

そんな元気な姿に癒やされていました。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 10

感謝状 ゆきちゃん殿

あなたはいつもポカーンとした様子で、ケージの中から私たちを見つめていました。
ポカーンとした顔のあなたを見ると、生活の悩みが溶けて消えていくようで、私たちもあなたを見習ってポカーンとしていました。

ポカーンの師匠であるあなたとの出会いに感謝します。

ここに感謝状を贈ります。

ゆきちゃんの飼い主:よしはむ

いいね! 14
書き込みする!

うさぎへの感謝状を150文字以内にお書きください。

YouTubeの共有ボタンを押すとコピーできるURLを入力してください。感謝状に動画が付きます。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ